1. フェラチオのテクニック抜群の彼女に

酔っ払った彼女ををラブホへ誘うと!

マンコ汁をたれ流して喘ぎまくり、何度も絶頂に達した
出会い系で知り合った彩は寂しがり屋だった。

しばらくメールして打ち解けると、毎日のように電話がかかってくるようになった。

話を聞いていると、どうやら彩には彼氏がいるようだ。

全く構ってくれないらしく、出会い系サイトに手を出して僕になびいているってわけだ。

こういう弱っている女の子ほどセックスしやすいって聞いたことがあった僕は、 思い切って彩を誘った。

「お酒でも飲みながら話そう。 いくらでも愚痴は聞くよ。」ってね。

そして数日後、新宿のアルタ前で彩と落ち合った。

彩は写真より派手さはなかったけど、可愛らしい顔の小柄な女の子だった。

こんな女の子でも寂しい時には出会いを求めるんだから、 出会い系サイトはやめられないね。

酔っ払った彩をラブホへ誘うのは簡単だった。

ホテルに入る前から僕のペニスはすでに勃起してた。

なぜか酔っ払ったオンナをラブホに連れ込むのは妙に興奮するものだ。

部屋に入ると彩の方から即キスをしてきた。

僕はそのまま彩をベッドに押し倒し、身体をまさぐって耳や首を舐めまわした。

お酒の勢いで順序を踏まないセックスって最高。

裸になって、動物みたいに興奮して互いの身体のあちこちを舐めまくった。

⇓ 寂しがりやの子は出会い系好き ⇓

僕はいつものセックスより興奮してたからこのままじゃすぐイッてしまうって分かった。

だからフェラチオを頼んで、まずは早いうちに一発発射しようと思った。

エナジードリンクのカクテルを飲んでいたから、 もう一回復活する自信があったんだ。

彩はフェラチオが上手で、 口と手を使って半端ない快感をもたらしてくれる。

彩は更にフェラチオと同時に、前立腺マッサージで僕を攻め立てた。

前立腺とフェラの同時責めは、経験したことのない快感だ!

そのままアナルも責められたら、どうなんだろうと妄想してみる。

もうイキたくてしょうがない。爆発的に射精したい衝動にかられる。

それを知ってか知らずか、何度も寸止めをしてイカせてくれない。

きっと、傲慢な彼に調教でもされたんだろうか。

さもなくば、これほどまでに男心を掴んだフェラテクは難しいだろう。

オンナがそんな彼に調教されているところを考えると更に興奮した。

僕はついに我慢しきれず、腰を持ち上げ彩の口の奥までペニスを押し込み一気にはてた。

彩は、ギンギンのペニスからドクドク溢れる精子を吸い尽くしてくれる。

すごい気持ちよかったから、精子を出し尽くしても僕のペニスは半分勃起したままだった。

その後フェラのお礼に、僕のペニスで彩を何回もイカせた。

感じやすい彼女はマンコ汁をたれ流して喘ぎまくり、 ひいひい言っては痙攣して、何回も絶頂に達してた。

4回はいっちゃったんじゃないかな。

色んな体位で彼女を突きまくった後は、大量のザーメンを可愛い顔にぶっかけてフィニッシュ!

彩はよだれを流して恍惚状態になっている。

彼女はペニスを口にくわえると、さおをしごいて更にザーメンを絞りだそうとしてくれた。

彩とはそれっきりだったが、彼女のフェラテクは当分忘れられそうもない。

関連体験談