1. 女子大生とのセックス体験談

21歳の性欲旺盛な女子大生と

Mな女子大生にそそられて!
今から4年くらい前のことです。

当時20代後半だった僕は、性欲旺盛でとにかくやりたくてしかたがなかった。

ある日出会い系をやっていて、ちょっと変わった女の子と

メールをやりとりするようになりました。

彼氏のほかにセフレがいることがばれて喧嘩になり、

そのイライラから出会い系をやったようです。

これはイケる!そう思って親切を装ってメールをすると、すぐに打ち解けてきました。

彼女は梨沙ちゃんといって21歳の女子大生。

早速次の日曜日に会うことになり、

待ち合わせ場所に行ってみると彼女のほうが先に来ていました。

スポーツをやっているらしく、ちょっと日焼けした顔にポニーテールが似合っています。

小ぶりだけど形のいいオッパイを見て、僕は揉み心地を想像していました。

出会い系は前からやっていたようで、男性経験も豊富らしい。

高校のときは親が厳しかったらしく、その反動で出会い系に走ったと言っていました。

梨沙とのきっかけはここ PCMAX ⇓

梨沙ちゃんはけっこうもてるようですが、どうも長続きしないらしい。

その理由はすぐにわかりました。だらしないんです。

今日も僕と会うのに髪はボサボサだし、

喫茶店にいても意味もなくあたりを見回して落ち着きがありません。

親がうるさかったのも、彼女のそういった性格を直そうとしたからでしょう。

セフレのことが彼氏にばれたのも、

彼氏とセックス中に間違ってセフレの名前を呼んだからでした。

どこまでも痛々しい子ですが、これなら簡単にやれそうだと、

僕はコーヒーを飲みながら早くもチンコはギンギンです。

セフレには、性処理人形みたいに扱われているようでした。

やるのはだいたい車の中。

ゴムもつけたりつけなかったりで、口に出されると苦くて嫌だから中に出させる。

このへんにもズボラな性格が表れていました。

ただやりたいだけの男に 何の気遣いもなしにガンガンやられることに興奮すると、普通の顔して話します。

これには驚きを通り越してあきれてしまいました。

「で、これからどうするの?」

彼女が目をランランと輝かせて聞いてきました。もちろん行き先は決まっています。

ラブホに向かう途中、梨沙ちゃんはよくしゃべりました。

「私はMだから痛いとか言っても気にしないで続けて」

「子供はできないみたいだからゴムもいらない」

そんな話を聞きながら、僕はますます興奮していました。

梨沙ちゃんの乱れっぷりはすごかったです。

最初から最後までアンアン言いっぱなし。

フェラも上手ですぐイキそうになったくらいです。

上に乗るのが好きだと言って騎乗位で何度もイっていました。

若い娘だけに性欲が旺盛で、さすがの僕もバテぎみでした。

便利な女を見つけてラッキーでしたが、

半年ほどたつと「結婚するからもう会えない」と別れを告げられました。

結婚相手は当然彼氏だと思ったら、なんとセフレのほうでした。

どこまでもズレた子なんですね。

関連体験談